思わぬ・・・・スキンケア

お問い合わせはこちら

巣篭もりの功名・・スキンケア

巣篭もりの功名・・スキンケア

2020/12/19

 新型感染症に翻弄された本年も、気がつけば残すところ10日余りとなりました。
得体の知れない外敵により、無念にも命を落とされた方や、
今なお苦しみと不安の中で闘っておられる方も、たくさんいらっしゃいます。
多くの医療関係者が、身を粉にして奮闘してくださっています。
そのような中、クリスマスのイルミネーションも、心なしか寂しげに見えます。

 春先に「外出自粛」要請が出され、自宅で過ごす時間が増えました。
この機会にこんなことをしよう、あの勉強もしよう、等々、色々考えていたのに、
結局、これまでとは違う生活ペースを余儀なくされたことにより、
思ったほど時間が取れず、どれも中途半端に終わってしまいました。

 しかし、ひとつだけ熱心に、というか、 少しだけ丁寧にしていたことがあります。
それは、スキンケア。
これまでより自分の顔や手をしっかり眺める時間が増えたことにより、
”気になっていたこと” がより目につくようになった結果、
知らず知らずのうちに、少し時間をかけることにつながったようです。

 と言っても、エステに通った訳でも、高級化粧品を購入した訳でもなく、
洗顔と化粧水の後、家の中にあったあるモノを、
気になるところにのせていただけなのですが・・・

 

 その ”あるモノ” とは・・・

 それは、ひまし油です。
トウダイグサ科  (Euphorbiaceae) のトウゴマ (Ricinus communis L. ) の成熟種子である
蓖麻子 (ひまし ) から採れる油のことで、キャスターオイルとも呼ばれます。

排毒排膿作用や袪腐止痛作用を有するため、中医学では、
皮膚化膿症や扁桃腺周囲潰瘍などに用います。
また、通絡除痺作用もあるため、顔面神経麻痺(口眼歪斜)に、
麻痺側の反対側に砕いた膏を貼布することもあります。

 西洋医学的には、駿下剤として知られていますが、
小毒があるため、内服には慎重を期す必要があります。

 

 特殊能力であるリーディングにより、
多くの人を救った自然療法家 エドガー・ケイシーが実践したケイシー療法でも、
ひまし油は使われています。
かく言う私も、その「ひまし油湿布 (温熱パック )」により、
肝臓のクリーニングをしていますが、デトックス効果にとどまらず、
リンパ球が活性化され、免疫機能を高めると言われており、
健康向上を目指す人だけでなく、薬をよく飲む人や、
がん治療中の方にもおすすめの体内浄化法です。

 また、アトピーなど皮膚症状のある人や、足がむくみやすい人は、
マッサージすることにより、目に見える効果が得られます。

 さらに、点眼することにより、
白内障の予防や改善にもつながるとケイシーは述べています。
(エドガー・ケイシー療法についてはこちら

 日頃からひまし油に馴染み、
その効果の凄さについては理解していたつもりの私ですが、
思いがけず在宅時間が長くなり、ヒマを持て余していた訳ではないものの、
気が付けば、顔や手の醜いシミの上に、スポイドで、
そのひまし油を1滴のせるようになっておりました。
 

 さて、その結果は・・・

  熱心にひまし油をたらし続けた左手の甲と、
(右利きなのでやりにくこともあり)格段に頻度の落ちる右手の甲を比較してみると、
その違いは明らかです。
シミの数はもちろん、肌の色艶まで違っているのがわかります。

 

 顔については、開始前の写真を撮っていなかったため、お見せできないのですが、
手の甲よりももっと熱心にひまし油を使いましたので、
その効果もバッチリ現れています。
絶対にとれないだろうと諦めていた大きなシミや、ホクロだと思っていたものまで、
確実に色が薄くなったり、ほとんど分からないくらいになったりしています。

 

 恐るべし、ひまし油のパワー・・・

 高価な化粧品を買ったり、レーザーで灼いたりしなくても、
自然界の恵みにより、長年の悩みが解消され、きれいな素肌を手に入れることができるのです。
どうぞ、お試しあれ〜

 但し、ひまし油は、純度や品質(精製法)をある程度選ぶ必要があります。
顔や目に使う場合は、特に気をつけた方が良いでしょう。

 できれば有機栽培され、非加熱、低温圧搾により精製されたものを
使うことが望ましいです。

 

ご参考までに。

https://www.caycegoods.com/aboutCayce

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。