春分です・・・【自然医科学研究所】

お問い合わせはこちら

春分(しゅんぶん)です・・・【自然医科学研究所】

春分(しゅんぶん)です・・・【自然医科学研究所】

2021/03/20

 2021年は本日3月20日が春分となります。
彼岸の中日であり、この日の3日前からの7日間が「春のお彼岸」ということになります。
 

 地球の赤道を延長した天の赤道と、太陽の通り道の黄道が、
ちょうど交差したところが黄径0度(春分点)なのですが、
天文学的には、太陽がちょうど黄径0度に到達した瞬間のことを春分といいます。

 よって春分には、太陽が真東から昇って真西に沈むということになり、
昼と夜の長さがほぼ同じになるのです。
正確には、今日の18時37分が、春分ということになります。

 この日から夏至に向けて、昼がだんだん長くなり、夜は短くなっていきます。
日毎に暖かさが募り、日照時間の短縮による不調(詳しくはこちら)も改善され、
嬉しくなりますね。
    ヨーロッパなどでは、この春分をもって春の始まりとしています。
 

  一方、彼岸は日本独自の行事です。
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、
たまに肌寒い日もあるものの、雰囲気はすっかり春ですよね。  

   お墓参りをして、ご先祖様に日頃の報告と感謝の身持ちをのべる人も多いことでしょう。
パンデミックによる巣篭もりを余儀なくされてきたご時世だからこそ、
尚更、墓参がてら戸外へ足を伸ばしたくもなりますね。

 春のお彼岸には「自然をたたえ生物をいつくしむ」という意味もあります。
桜の開花情報が聞かれ始めるのも、例年、この頃からです。
今年はもう既に、全国の各所で開花宣言がなされましたが・・・
昨春は、お花見の自粛が要請されましたが、今春はどうなるのでしょう。

 春特有の野菜も、すっかり店頭にを賑わせるようになってきました。
ふきのとう、わらび、ぜんまい、たけのこ・・・

 これらに共通した特徴は、苦味があることです。
苦手な人も多いかもしれませんが、冬の間に溜まった毒素をデトックスするために
苦味のある食材は、一役買ってくれるのです。

 

 自然界の恵みを上手に採り入れ、一層の健康向上を目指し、
感染症も遠ざけて、春を満喫したいものですね。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。