お問い合わせはこちら

大寒(だいかん)です・・・【自然医科学研究所】

大寒(だいかん)です・・・【自然医科学研究所】

2021/01/20

1月20日は、二十四節気の大寒(だいかん)です。
小寒から立春までの30日間を「寒の内」と呼びますが、
大寒は丁度その真ん中間にあたる日です。
太陽黄経は300度、冬を表す最後の節気となりますが、
文字通り寒さは絶頂となり、1年中で最も冷えに悩まされる時季といえます。

「冷えは万病の下」ゆえに、寒さの厳しい時期には
健康面でいろいろと不調が生じやすいものですが、
視点を変えれば、そう悪いことばかりでもなさそうです。

「寒の水」は雑菌が少なく、特に寒の入りから9日目に汲んだ「寒九の水」は、
薬にも匹敵するほど良質とされます。
「寒の水」で作られたお酒や味噌、醤油などは腐りにくく、
最上の品質のものができると言われます。

「寒の水」で煎じた漢方薬も、普段にも増して、
私達のカラダにパワーを与えてくれそうな気がしますね。

 漢方薬が飲みにくい人は、カラダを温める生薬を中心に配合した
冬のオリジナルブレンド健康茶(詳細はこちら)を煎じて、
ほっこりしながら、健康管理に役立てるのもいいですね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。