大暑(たいしょ)です・・・【自然医科学研究所】

お問い合わせはこちら

大暑(たいしょ)です・・・【自然医科学研究所】

大暑(たいしょ)です・・・【自然医科学研究所】

2021/07/22

 7月22日は大暑(たいしょ)です。
夏至から約1ヵ月後で、太陽黄径は120度、文字通り暑い日が続く時候です。

 今年はすでに、全国で梅雨明けしており、猛暑の日々となっていますが、
いよいよ本格的な夏の到来で、各地で一年の最高気温が観測される頃でもあります。
空には入道雲がみられ、セミの大合唱が響き、文字通り夏真っ盛りですが、
実際の暑さのピークは、もう少し後に到来する年も多いです。

 天候は必ずしも安定しておらず、当地でも最近何度もゲリラ豪雨に襲われましたが、
落雷により停電した地域もあるようです。
一方で、厳しい日照りが続き、水不足に悩まされる地域もあります。

 暑さのせいで体調を崩したり、熱中症にかかる人も多くなる時節です。

 

 大暑の日に合わせて、各地でイベントが行われます。
今や恒例行事となった打ち水は、道路や庭に水をまいて、土埃を防ぐとともに
涼を得ることが目的で、昔から伝わる生活の知恵です。
元々は、神様が通る道を清めるために行われていたそうですが、
江戸時代には、主に涼を得ることが目的となりました。
いずれにせよ、長い歴史のある行事だということがわかります。

 動物園の白くまたちへの氷のプレゼントも、大暑の日に合わせることが多いようです。


 また、大暑から立秋までの間には、各地で賑やかなお祭りが行われます。
大阪の天神祭、青森のねぶた、秋田の竿灯、仙台の七夕、などが有名ですが、
全国で競い合うように花火大会が行われるのもこの頃です。

 しかし、昨年、今年と、パンデミックの影響で、
大半の花火大会が中止になってしまっているのは寂しいことですね。

 今年は、1年延期となった世界のスポーツの祭典、
東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、ほとんどの会場で観客を入れずに行われることとなり、
国民に対しては「外出は極力控えて、テレビでオリンピック観戦を」と呼びかけられています。

 対戦相手と闘う前に、見えない敵との闘いに勝たねばならないという異例の大会となる訳で、
選手や関係者のみなさまのご心労はいかばかりかと拝察いたしますが、
1日も早く、感染拡大に歯止めがかかり、無事、全日程を終えられるよう祈るのみです。


   ただでさえ、暑さで体調管理が難しい時候ですが、
ウイルスに負けないカラダを作るためにも、暑邪に打ち勝つ健康管理が必要となります。
先日、ご紹介したタコやレンコンの他、
むくみにも効果のあるとうもろこしやスイカなどを食生活に採り入れ、
冷たいものを飲みすぎないよう注意して、
夏バテとは無縁で過ごしたいものですね。      

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。